ヴィーガンコスメ

無添加化粧品は安全なの?

こんにちは!シャンティです。

オーガニックコスメ、ナチュラルコスメ、無添加化粧品、自然派化粧品・・・

化学合成の成分がいっさい含まれない、100%天然の安全そうなイメージですが言葉の定義があいまいです。

ナチュラルコスメ自然派化粧品はほぼ同じ意味合いで、植物エキスを含む化粧品に多くつかわれています。

「100%植物原料」や「100%天然」という意味合いのことが書いていない限り、石油系合成成分も含まれていると考えたほうが良さそうです。

無添加化粧品というと、添加物を含まない食品と同じで天然成分でできた化粧品と思いがちですが、これも注意が必要です。

なにが無添加なのか。

というと、「表示指定成分は添加していません」という意味合いなのです。

表示指定成分とは、1980年に旧厚生省が指定したアレルギーの危険性のある102種類の成分を指します。

その後、2001年に全成分表示が義務付けられたため、表示指定成分が消費者には特定できなくなり、旧表示指定成分と呼ばれるようになりました。

旧表示指定成分には、合成防腐剤としてよく知られているパラベンや、合成界面活性剤のラウリル硫酸Naなども含まれています。

ですから、旧表示指定成分を添加していないという点はよいのですが、「無添加化粧品」だから石油系合成成分はいっさい含まれいないと思うのは間違いなのです。

旧表示指定成分に指定された102種以外にも肌トラブルを起こしやすい合成成分は数多くあります。

そのひとつがフェノキシエタノール

旧表示指定成分には含まれていませんが、パラベンの代わりによく使われる合成防腐剤です。

健康と地球環境のことを考えて化粧品を選びたい方は、無添加という言葉だけで選ばないでください。

最後にオーガニックコスメですが、
「100%天然成分で、しかも無農薬もしくは野生の植物由来」であるというのが理想的ですが、現実はそうではない場合が多いです。

ナチュラルコスメ、自然派化粧品と同じく、オーガニックの植物原料も使われているけれど、合成成分も含まれているものが大多数。

ですから、本当の意味でのオーガニックコスメを選びたいあなたは、全成分を必ずチェックしてくださいね。

>>旧指定成分の一覧

【今日のまとめ】

オーガニックコスメ、ナチュラルコスメ、無添加化粧品、自然派化粧品・・・
いずれも石油系合成成分が含まれている可能性大。
全成分を自分の目でチェックしよう!

 

 

今日もお読みくださりありがとうございます!

>>100%植物性のコスメ mOrganics

>>代表Makoのブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。