ヴィーガンコスメ

オーガニックコスメ≠天然成分100%

こんにちは!シャンティです。

オーガニックコスメについて、正しい情報発信をしていくために「オーガニックコスメ・アドバイザー」の資格取得を目指すことにしました!

この資格は、日本オーガニックコスメ協会の認定資格です。

私がとても共感している日本オーガニックコスメ協会の考え方をご紹介します。

一般の合成成分が主体の化粧品では、肌に対して一時的な保湿を与えるだけですが、オーガニックコスメは肌細胞そのものを強くし、トラブル知らずの肌へと変えていくことができるのです。

それは、オーガニックコスメは、植物の抗酸化力と癒し力を活用しているからです。

乾燥肌、敏感肌、シワ、毛穴の開きなどの悩みは、いわば肌がバランスを崩してる状態ですが、植物はそれを本来のバランスある状態へと導きます。

一時的なみせかけの素肌の美しさではなく、素肌の本物の元氣パワーを育むことができるのがオーガニックコスメなのです。

その結果として肌に本来のうるおい、ハリ、つややかさをもたらすのです。

オーガニックコスメの主役は合成成分ではなく、植物です。

植物を主成分としたオーガニックコスメは、合成成分のように肌を酸化=老化させることはありません。

その反対に、植物は肌の酸化を抑える力=抗酸化力があります。

またバランスを崩した肌に対して、本来の働きを回復させる癒し力があります。

しかし最近は、合成成分が入り混じった化粧品が、オーガニックコスメとしてよく出ているのも事実です。

全成分をよく見てみると、たしかにオーガニック植物エキスは配合されているけれど、いっぽうで合成界面活性剤、合成防腐剤、合成溶剤などの合成成分が使われていることもよくあります。

合成成分は肌を酸化させてしまうことを考えれば、そういうものが混じった「自称」オーガニックコスメを使うのは意味がありません。

また合成成分が混じっていれば、植物は本来の抗酸化力や癒し力を発揮することができません。

植物の肌の改善力を100%発揮させるためにも、ぜひ天然成分100%のオーガニックコスメを選んでください。

日本オーガニックコスメ協会 『オーガニックコスメ読本』より抜粋

一時的な、みせかけの素肌美ではなく、いつまでも健やかで美しい素肌を護るために。

化学の専門家でもない一般の消費者が、「自称」オーガニックコスメではなく、真のオーガニックコスメを選べるような情報を、これからも発信していきたいと思っております。

これからもどうぞお付き合いくださいませ(*^^*)

 

今日もお読みくださりありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。