心地よい暮らしヴィーガンコスメ

そろそろ紫外線が気になる?

日差しが暖かくなりましたね☀

そろそろ日焼け止めを買わなくちゃと
お考えのあなたに、
UVケア化粧品を選ぶときのポイントとお伝えします。

①紫外線吸収剤を避ける。

②合成界面活性剤で乳化されたものは避ける。

③SPF値にとらわれすぎない。

紫外線吸収剤の主な成分は、
オキシベンゾン
メトキシケイヒ酸オクチル
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
パラアミノ安息香酸(PABA)など。

これらは紫外線にあたることで
酸化し毒性が強くなり、
皮膚を傷めてシミになりやすくしてしまいます。
発がん性や環境ホルモンの
疑いがあるものもあるので避けましょう。

日焼け止めを塗って、
皮膚呼吸ができないような圧迫感や
肌の乾燥を経験した方も多いと思います。
多くのUVクリームには、
汗で流れにくくするためや、
さらっとした付け心地にするため
合成成分がたくさん配合されています。

紫外線を防ぐことよりも、
合成成分による肌へのダメージの方が
心配になってしまいます😢

日焼け止めを選ぶ指標となっている
SPF、PA++・・という数値。

SPFが高いほうが効果が高く、
PAも”+”の数が多いほうが
効き目がありそうですよね。

SPFは、シミの原因となるUVB波を
どれだけ防ぐかを示す数値ですが、
検査時はかなり厚塗りして判定します。
実際に使うときとは塗る量が違うので、
あまりあてにはなりません。

SPF値が高ければ高いほど
肌への負担も高くなりますから、
日常的に使うにはSPF15程度で十分と言われています。

UV化粧品を選ぶなら、
紫外線を跳ね返す自然の顔料
(酸化チタンや酸化亜鉛)、
またはセサミオイルなどの
肌ダメージをやわらげる働きのある
天然オイルがお勧めです。

肌には紫外線から皮膚を守る機能が
もともと備わっています。
日頃から、肌本来の機能を高める
スキンケアをしっかり続けておくことがとても重要😉

mOrganicsBIOヴィーガンコスメコスメ、おススメですよ!
紫外線を浴びてしまったあとのダメージケア、
修復力がスゴイ!と評判です(*^^)v

2021年からハワイでは、
オキシベンゾンなどを含む日焼け止めの
販売が禁止となることが決まっています。
美しいサンゴを守るために。

合成成分を使用した日焼け止めは、
人間の皮膚や体だけでなく、
地球環境を汚染するものです。
人体は小宇宙だということを忘れずに!

今日もお読みくださりありがとうございます!

***

天然植物成分100%のBIOヴィーガンコスメの詳細、
 お求めは
ショッピングページからどうぞ(^_-)-☆
 →
https://www.laulea-greens.com/m-organics/

◎もっと詳しい内容やイベントの情報は、メールマガジンでお届けします。
 
メルマガ登録はこちらからお願いします♪
 →
https://form.os7.biz/f/e2e456b4/

◎ラウレアグリーンズのすべてがわかる!
 5/25・26開催『ラウレア縁日』🎉遊びに来てね♪

 https://www.facebook.com/events/2075836499373585/

ラウレア代表 Makoのブログもぜひご覧ください(^_-)-☆
 →http://blog.livedoor.jp/laulea_greens/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。