ヴィーガンコスメ

若返りのハーブ、ローズマリー

こんにちは!シャンティです。

mOrganicsヴィーガンコスメといえば、ダマスクローズの豊潤な香り。

そのイメージが強いのですが、ローズ以外にもたくさんの植物の有効成分が配合されています。

美容ジェルにはなんと20種類以上も!!

興味深い植物のチカラをひとつひとつ順番にご紹介してまいりますね(^_-)-☆

 

ローズマリー

今日ピックアップするのはローズマリーエキス

ローズマリーは「若返りのハーブ」とも呼ばれているのをご存知ですか?

そのいわれは、その昔、ハンガリーの王妃が70歳を超えてから、隣国ポーランドの20代の王子からプロポーズされたという逸話から。

14世紀のハンガリーの女王エリザベート1世は、若くに王を亡くし、ひとり公務に励み、民衆からの信頼を一身に受けていました。

そして、多忙を極めた女王は、70歳を過ぎた頃にはリウマチを患い寝たきりになってしまいます。

ところが、修道院の僧により伝授されたローズマリーなどのハーブを用いたアルコールチンキをつけたり、そこに入浴したり、内服したりと用いることによって完治し、美貌も取り戻し、70歳を過ぎた女王は隣国ポーランドの国王に求愛されたというお話です。

ローズマリーはリウマチ痛や腰痛、肩こり、血行不良に効果を発揮し、老化によりたるんだ毛穴を引き締め、頭脳明晰化作用を持ち、疫病から身を守り、頭髪を元気にさせるといった効果が知られています。(インターネット公開文化講座より抜粋)

このように多くの効能をもつローズマリーは、抗菌作用、抗酸化作用も非常に高く、mOrganicsでは天然の防腐剤としての役割を担ってくれています。

 

化粧品は開封後も常温で保存する場合が多く、雑菌やカビが繁殖しやすい環境にあります。

そのため「3年を超えて性状及び品質が安定なものでなければならず、3年以内に変質する恐れのあるものは『使用期限』を表示しなければならない」と薬事法で定められています。

使用期限を表示しない場合は、3年間は品質を保証するものでなければならないのです。

この規定があるため多くの化粧品には防腐剤が含まれているのですが、防腐剤によって皮膚炎をおこしたり、化学物質過敏症などを引き起こす場合があります。

また厚生労働省が決めた許容範囲内の配合量であっても他の物質と合わさって変化したとき、人体にどのような影響を及ぼすかはわかりません。

経皮吸収し、体内に蓄積していくかもしれないことを考えると、毎日使うコスメには化学物質が含まれないものを選びたいと私は思います。

 

おもな防腐剤をご紹介しますと・・・

・パラベン(パラオキシ安息香酸エステル)
・安息香
・フェノキシエタノール
・デヒドロ酢酸ナトリウム
・エリチル酸 など

「防腐剤無添加」と謳っていてもBG(ブチレングリコール)、ペンチレングリコールなどが抗菌作用のある保湿剤として配合されている場合もあります。

現代のような大量生産、大量消費の時代には安定的に品質保持できる合成化学物質は欠かせないものとして、多くの化粧品に配合されています。

その点、mOrganicsヴィーガンコスメは、大量につくってたくさん売る化粧品ではないので、自然界にあるものだけを使って製品をつくることができるのです。

mOrganicsコスメのジェルに配合され、ローズマリーとともに抗菌力を発揮してくれている成分がもうひとつ。

それは「セージ葉エキス」。

防腐剤としての役割以外にも、血行促進や抗炎症、抗酸化、血行促進、収れん作用があり、肌トラブルの改善やアンチエイジングにも有用なハーブです。

ローズマリーもセージ葉も、お料理にもよく使われますよね!

ひとつひとつのハーブがいろんな恩恵をもたらしてくれる・・・自然界の恵みに感謝ですねヾ(≧▽≦)ノ

70歳を過ぎても20代の王子にプロポーズされる肌を目指しましょう笑笑

 

今日もお読みくださりありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。