ヴィーガンコスメ

100%植物性、オーガニックなら安全?!

こんにちは!シャンティです。

mOrganicsヴィーガンコスメに関心を持ってくださる方は、おそらく安心、安全な化粧品を使いたい、
そう思っていらっしゃる方だと思います。
もしかすると肌トラブルを抱え、使える化粧品がなくて困っていらっしゃる方もおられるかもしれません。

100%植物性、オーガニックだから肌に安全・・・そう思ってmOrganicsをご検討くださっている方にお伝えしたいことがあります。

まず最初にお伝えしなければいけないのは、100%植物性だから、オーガニックだから、
肌に安全で低刺激であるという学術データはありません。

植物は、古くから薬草として用いられ、現在でも漢方薬などに多く使われています。
そのようなこともあり、植物エキスを使った化粧品=薬効があり、安心なイメージを持たれる方も多いと思います。

たしかに様々な薬効が認められている植物がありますが、その反面、動物のように自分で移動することができない植物は、天敵から身を護るために強い毒性も持っています。

ですから、植物の性質を熟知し、的確な配合量や抽出法によって製造されているかという点がとても重要です。

私どもは、ご自身でもオーガニック農法で植物を栽培し、成分の研究から化粧品の開発、製造までを行っておら農学博士に製造をお任せしています。

高い見識のある博士に、100%植物性、オーガニックな化粧品は低刺激で安全といえるかを伺ったところ、以下のような回答をいただきました。

純物質で構成される化成の化粧品に比べて、植物エキスはその植物の栽培からエキスの抽出まで千差万別で、有効成分は含みますがそれ以外の成分は何が含まているのかわかっていません。
アレルギー反応など、所見の場合は化成のほうがリスクが少ないと考えられます。

しかし、化成品の安全性の評価などはここ数十年の体系に基づく限られた所見に基づいたもので、特に実際に製品を使用した場合のストレス蓄積や継続使用障害など、評価期間が圧倒的に短く、まだよくわかっていないことが多いのも現状です。
それに対して植物エキスに関しては、良いも悪いも伝承的によくわかっているため、安全性は判断しやすいと考えています。

化成化粧品を西洋医学の医薬品、オーガニック・ヴィーガン化粧品を漢方薬に例えるとわかりやすいです。
作用は緩慢ですが体系的に全体を漫然と良い方向へ整えていく漢方薬に比べ、個々の症状には的確に成果を出す医薬品のほうが、作用は強く早く出せます。
しかし、副作用もでてしまえば重篤になりやすく、しかも永年使用した場合の弊害もよくわかっていません。

日々の肌のメンテナンスを目的とする基礎化粧品の場合は、歴史的な裏付けもあり、作用は緩慢ではあるけれど、全体で見て良い状態で過ごせるオーガニック・ヴィーガン化粧品のほうが、長い目で見たら健康な肌のためには良いのではないかと考えています。

ただし低刺激で安全かどうかは一概には言えず、使う人との相性の問題もあります。

いかがでしょうか?

強く早く結果はでるけど、重篤な副作用があるかもしれず、使い続けた後にどんな弊害があるかわからない化粧品と、伝承的に性質がわかっている成分で作られている化粧品・・・どちらが安心できますか?

美容液を塗ったら一瞬でシワが消えた!なんてことがあれば、それはめちゃくちゃ嬉しいと思います。

でも、長い目でみたときにはちょっとコワイかもしれません。

たぶん取り返しがつかない、元にはもどせない現象になってしまうから。

すべての方に、100%安全ということはできなくても、”効き目”優先で配合された化学合成成分だらけの化粧品よりも、100%植物性で、しかもオーガニックの原料を使用しているコスメの方が私は安心できます。

太古からヒトは植物と共存してきたのだから(o^^o)

 

mOrganicsでは、デリケートな肌の方向けに、香り成分を抑えたシリーズも試作中です。

今日もお読みくださりありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。