心地よい暮らし

海を汚染する化学繊維

こんにちは!シャンティです。

これまで私がお洋服を買う時って、まずデザインを見て、色を選んで、それから素材は何かな?っていう流れで選んでいたような気がします。

TAKSU AMANATのお洋服に出会えて良かったのは、デザインも気に入っているけど、手紡ぎ、手染め、手織りの綿素材だったという点。

というのは、お洋服の素材が着る人だけでなく、環境にも影響を及ぼしているということを知ったから。

2011年10月19日のニューヨークタイムスが報じたところによると、

化学繊維の繊維クズが海洋汚染の原因の一つになっている」のだそうです。

化学繊維のお洋服を一着洗濯するたびに、約1900個の繊維クズが排水されるそうです。

この繊維クズは大きさ1mm未満のプラスチックの素粒子で、マイクロプラスチックと呼ばれるものですが、家庭から海へと流れ出ていきます。

そして、マイクロプラスチックをエサとともに魚が体内に取り込んでしまい、その魚が家庭の食卓へと戻ってくるのです。

良い循環はうれしいものだけど、この循環はうれしくない!!

また、服を着るということは、同時に洗濯するということ。

より白くとか、よい香りやふんわりした仕上がりに・・・という観点で洗剤や柔軟剤を選ぶと、人体にも環境にもうれしくない循環を招く危険性があります。

洗剤や柔軟剤が付着した衣類を身にまとうということは、カラダに有害な化学物質を身にまとっているようなもの。

カラダの中でも生殖器は腕の吸収率の50倍も経皮吸収しやすいところ。

だから、下着や生理用品は意識してほしい・・・お若い女性は特にね(^_-)-☆

洗濯排水が海に流れれば、マイクロプラスチックと同じくうれしくない循環を起こしてしまいますね。

カラダや環境のことをこうして考えると、TAKSU AMANATのお洋服にを選んで良かったな~って思います。

TAKSU AMANATのお洋服は洗剤要らず。水でやさしく手洗いするだけ笑

洗えば洗うほどいい風合いになってカラダに馴染んでくるし、色の変化もオツなもの笑

お洋服を手洗いするとき、昨日ブログに書いた洗顔のときのように無心になります。

なんか自然と、ありがたいな~っていう気持ちが湧いてくる。

少し前の私は何でも洗濯機に放り込んでしまっていたけど、手で触れ、感じるって大事だな~って思うようになりました。

そう、少し前の私は健康さえもお金で買えると思っていたようなところがあったけど、「それ以前にやることあるやろ!」って今の私ならツッコミいれます笑笑

たくさんモノがあふれている時代に何を選ぶかは、自分の生き方の選択にもつながります。

どう在りたいか。

そう考えた時、いまの私はTAKSU AMANATのお洋服やmOrganicsのコスメ、田吾作さんのお米に鈴木りんご農園さんのりんごに出会えてよかったな~って思う。

内輪褒めで恐縮だけど、あらためてMakoに感謝(笑) ありがとう~~~💛

今日もお読みくださりありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。