産地直送のご案内

りんごから愛をもらう

こんにちは!シャンティです。

毎朝、鈴木りんご農園さんの”とき”ちゃん🍏を美味しくいただいています^^
芳しい香りとほのかな甘み、シャキシャキした歯ごたえの”とき”ちゃん大好き💛

昨日書いた、mOrganicsコスメのオーガニック農場にも通じることですが、自然を相手にするというのは並大抵のことではありません。

今年の夏の酷暑や台風を乗り越えりっぱに育ってくれたりんごちゃん。
農家さんはそれはそれは大変なご苦労だったことと想像しては感謝の気持ちでいただいています(*^^*)

 

2011年10月26日(水)の投稿から引用
 

今朝もパリッパリッのみずみずしいりんご、いただきました。
本当、体の細胞が目覚めるような美味しさとフレッシュさです!(笑)。

この季節は本当にりんごの美味しい季節。

当時(子供が小さかった頃)のこの季節のおやつは、アップルケーキやパイ、ココットなど、そしてそのまんまのりんごをおみやげに持って行ってたら、たちま ちファンが増えて、みんな「買いた~い」、「もっと食べた~い」、ってことで、周りの友人達と身内だけで、共同購入のようなコトをしてました。

2年前にラウレアグリーンズを立ち上げるコトとなり、RAWライフに欠かせないフルーツのりんご、お取り扱いさせていただくことになりました。

90歳前のお母様と息子さんおふたりだけで育てていらっしゃるので、作るだけで精一杯でなかなか多くの方からの注文を受けたりするのは対応ができない、ということでしたので、窓口をさせていただくことになりました。

そうして、皆さまにもご提供することができるようになりました。

お話を伺っていると、本当に心を込めて、自分の子供を育てるようにりんごちゃんに接してくださっています。

この間の台風の時も、夜も寝ずにりんごを見守りに行かれたりとか・・・。
1つ1つそれぞれがまんべんなくお日様に当たるように、手で1個1個クルッと回して、色づきよくなるようにしてくださっていたりとか・・・。

本当に手作業で手間ひまかけてくださってます。

朝も6時前くらいからリンゴ畑に行ってらっしゃるようで・・・。
「ここにいるのが一番落ち着く」、とおっしゃっていて、本当に畑もりんごも愛してらっしゃるのだなぁ、と感じます。

だからこそ、りんごちゃんもあのように育つのですね。

2012年11月26日(月)の投稿から引用
 
青森のリンゴ農家さんからは、雨です、雨です、雨です・・・、と雨のお知らせばかり届いています。
このお忙しい時期に大変だろうな、と思っています。
この時期雨に濡れての作業はとても寒いでしょうね・・・。
忘れないでいること・・・、の大切さを思います。

今の私にできることはそれだけです。

春、リンゴの花が咲き、暑い夏を超え、稔の秋を迎え、はるばる私のもとへやってきたりんごたち


思いを馳せて感謝することしか出来ませんが、その大切さを思います。

作って下さる方々のことを忘れないでいたいと思っています。
食べ物として私の身体となってくれる生命を忘れないでいたいと思っています。

当たり前!ではないそのことに感謝して

MakoもYukoも、この農家さんのことが大好き。
そんな農家さんへの想い、農家さんがりんごにそそぐ愛情の深さ・・・それは過去のblogにもたびたび登場します。

 今年はりんご農園さんのある地域一帯で黒星病が流行り、青森県の指導で殺菌剤に関しては通常通りの散布となっています。

そのため、今年度は割引価格で販売させていただいています。

 完全無農薬が理想的ではありますが、今年の夏の酷暑を乗り越え、台風などの自然災害も乗り越えりっぱに育ったりんごちゃんです。

よろしければ、皆さまもご賞味くださいませ^^
農家さんの愛情がぎゅっと詰まっている味がしますよ(*^^*)

 

今日もお読みくださりありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。