ヴィーガンコスメ

美肌のまま年齢を重ねるには

こんにちは!シャンティです。

食生活改善プロジェクト9日目~!
七合食(あずき玄米)の塩加減も私好みに炊けるようになったので、ますます美味しい♡
玄米しっかり食べてるのに今日はお便りがない・・・でもお腹が張ってる感じは全くないの。
小麦食のときは膨満感で腸が緩んでるーって感じだったけど、いまは腸が締まってる~。

運動不足と筋力低下も気になっていたので、今日はカラダを動かしに行ってきました!
12種類のマシンを30秒ずつ行うという、知る人ぞ知るスポーツクラブに体験入学^^
たったあれだけのトレーニングでもプチ筋肉痛になってる笑笑
どんだけ運動不足やねん!って我ながらビックリです。

筋力が衰えるということは、血液やリンパ液を流すポンプの力が弱まっているということなので、全身に影響しますよね。
食生活+筋力アップで体質改善がんばります(*^^)v

寒くなると汗をかくことがないので、運動や入浴でしっかり汗をかかないと老廃物たまりまくりです💦
食品添加物や農薬、化学肥料など、口から入った有害物質は、肝臓で解毒されて排泄されますが、皮膚から吸収されたものはなかなか排泄されにくいのです。

経皮毒(日常使われる製品を通じて、皮膚から有害性のある化学物質 が吸収されること)が怖いのは、皮膚から吸収された有害物質は角質の下に長い間とどまってしまうこと。
お肌のバリア機能がしっかり働いてくれていれば防げますが、合成界面活性剤を使用している化粧品を使っていると、徐々にバリア機能が破壊されていきます。
そうしてどんどん危険な成分が皮下組織に入りやすくなっていくのです。

食当たりのようにすぐに反応が出れば悪いものがわかりますが、皮膚から吸収された成分の影響はすぐに症状が出ない場合が多いのも特徴。
使っていくうちに化学物質が蓄積されて、何年も経ってからシミやくすみとなって現れたり、アレルギーや体内で病気となって現れることも。

そう。気づいたときには、もう大変なことになっているのです😲

石油合成成分の化粧品が使われだしたのは、日本ではたった70年ほど前から。
すべてが安全であるという保障はどこにもありません。
だからこそ、皮膚に直接つけるものも食べ物と同じくらい慎重に選んでほしいのです。

たった70年ほどの歴史しかない化学成分の化粧品と、数千年も前から植物療法として使われてきた自然界にあるものを原料とした化粧品。
あなたはどちらを選びますか?

今日もお読みくださりありがとうございます!

★代表Makoのblogも見てね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。