心地よい暮らしヴィーガンコスメ

消費者の目に触れることのない合成成分

「植物原料の化粧品」
であっても、気をつけたいものがあります。

それは、植物エキスを抽出する際、
石油系の溶剤を使っているもの。
よく使われる溶剤がBGやPGです。

 

成分表に「ラベンダーエキス」と書いてあっても
BGで抽出されたものもあれば、
醸造エタノールなど天然の溶剤で
抽出されたものもあります。

BGは防腐効果もあるので
大量生産に向いているのです。

 

また、全成分を見ても合成成分名はなく、
オーガニックコスメのように見えて、
実は私たちの知らないところで
合成成分が使われているというケースがあります。

それは「キャリーオーバー」と呼ばれるもの。

 

化粧品を製造する会社の多くは、
原料会社から元になる材料を仕入れ、
ブレンドして製品化します。

実はここに消費者にとってうれしくない
カラクリが潜んでいます。

 

化粧品を製造する会社が
製造過程において配合したものは
全ての成分が明記されますが、
仕入れた原料の中にパラベンなどの
合成成分が入っていても
製品には表示する義務はありません。

 

私たち消費者は、
成分表で判断するしかないというのに。

「合成成分不使用」と謳いながら
キャリーオーバー成分があるとしたら、
そのメーカーのモラルが問われますね。

自身の感覚を研ぎ澄まそう✨

今日もお読みくださりありがとうございます!

>>代表Makoのブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。