ヴィーガンコスメ

インナードライにご用心 PART2

こんばんは!ラウレアグリーンズのシャンティです。

顔の表面はテカッているのに、お肌の内部が水分不足で乾燥しているインナードライ肌。

見た目だけではわからないので、自分の手で肌に触れ、弾力や肌の柔らかさ、潤い度合いを感じることが大切と先日のブログに書きました。

わたしもそうだったのですが、日本人の約8割はインナードライ肌ともいわれているようです。。

 

お顔の表面がテカッていると、あぶらとり紙で皮脂をおさえ、洗顔料でゴシゴシ洗って皮脂を取り除こうとしますよね。

その結果お肌の内部が乾燥してしまうため、乾燥を防ごうと皮脂がさらに大量に分泌されるようになってしまうのです。

大量に分泌された皮脂が古い角質と混ざり角栓ができ、ニキビや毛穴の黒ずみを引き起こしやすくなります。

昨日のブログでご紹介した、毛穴の黒ずみが気になっていた17歳のお嬢さん。

実は、年齢が間違っておりまして・・・正しくは15歳だったそうです。失礼しました!(;’∀’)

そして、もう一度お聞きしてみると、

”学校で友達に、「顔きれいになったね」と言われた。

鼻の黒ずみ、毛穴が小さくなって、気にしていた顎がカサカサして乾燥してたのがなくなった。

嬉しい!ありがとうごさました。”という嬉しいご感想をいただきました。

 

mOrganicsヴィーガンコスメはお若い方には必要ないと思っていましたが、現代の生活環境はインナードライを引き起こしやすいのでしょうね。

エアコンによる空気の乾燥やパソコンやスマホの電磁波、紫外線やメイク用品による肌への負担など、気づかないうちに影響を受けているのかもしれません。

肌表面がベタついているからといってお顔をゴシゴシ洗ったり、角質のピーリングをしたりするのは肌内部の乾燥と肌表面への皮脂の大量分泌を促進してしまうので要注意です!

暑い季節もやっぱり保湿。

紫外線からお肌を守るためにも肌内部にしっかりとうるおいを届け、肌表面から水分が蒸発するのを防ぐのがポイントです!

 

①洗顔

手が肌に触れないくらいの弾力のある泡でやさしく洗います。

②保湿

ジェルを手のひらにのせ、お肌全体になじませます。

一度にたくさんつけてべたつきを感じる場合は、少量ずつ手に取り、繰り返し肌になじませるといいでしょう。

③慈護

ジェルの蒸発を防ぐ意味で、お顔にラップするように手のひらで軽くプッシュしながらなじませます。

mOrganicsヴィーガンコスメを使ったお手入れは基本的にはこの3ステップです。

自分の手で触れてみて、べたつきや乾燥、お肌が心地よいと感じる量をのせてくださいね。

あなたの肌が心地よく感じ、喜んでいるか?それが正解です!

 

お肌の乾燥を招かないため、石けんはしっかり泡立てて使ってくださいね!(^^)!

 

今日もお読みくださりありがとうございます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。