ヴィーガンコスメ

ヒアルロン酸Naとグリセリン

こんにちは!シャンティです。

mOrganicsヴィーガンコスメの魅力に迫る!シリーズwww

今日は誰もが聞いたことのある?!「ヒアルロン酸」と「グリセリン」の働きをみていきます。

 

肌の断面図肌を大きく分けると外側の部分(表皮)と内側の部分(真皮)に分かれます。

真皮の部分にたくさん存在しているのがヒアルロン酸で、

ヒアルロン酸とコラーゲン、エラスチンという成分が結束して肌の潤いやハリ、弾力を保っています。

スポンジのように水を貯えるチカラに優れているヒアルロン酸は、1gで約6リットルも保水できるのだそう。

水分をたっぷり含んだヒアルロン酸が、コラーゲンとエラスチンの隙間を埋めて支えている状態が理想的な肌なのです。

ところが、悲しいことに加齢とともにヒアルロン酸の生成量は減っていき、40代の皮膚に含まれるヒアルロン酸は赤ちゃんの約半分に。

70代になると赤ちゃんの5分の1にまで減ってしまうのです( ノД`)シクシク

赤ちゃんのあのみずみずしいぷるんぷるんのお肌は、ヒアルロン酸を多く含んでいるからなのですね。

 

化粧品に配合するのは、生体高分子の「ヒアルロン酸Na」。

mOrganicsでは大豆由来の成分を使用しています。

ヒアルロン酸Naは、残念ながら分子量が大きすぎるため、真皮まで浸透して水分を保持するということはできません。

では何のために配合されているかというと、肌の外側(角質層)の水分量を高めながら保護膜をつくり保湿する目的で配合されます。

また、ヒアルロン酸Naだけでは保水力を発揮できずに蒸発してしまうため、保湿効果を高めるためにグリセリンを併用しています。

mOrganicsで使用しているグリセリンは、菜種、ダイズ、パーム油からつくられる植物由来のグリセリンです。

グリセリンは保湿成分として古くからよく使われますが、ヒアルロン酸Naと組み合わせることで水分保持力がさらに高まります。

この2つの成分がタッグを組むことで、肌表面にしっとりなめらかな質感の薄い皮膜ができあがり、乾燥から肌を護ってくれているのです。

美容ジェルをつけた後の肌のやわらかさ、時間が経ってもなめらかなしっとり感が持続するのはヒアルロン酸+グリセリンの相乗効果だったのですね!

やわらかくしっとりしていて、つい触りたくなる肌・・・mOrganicsならではの絶妙な配合バランスがモニターさんからも高評価をいただいています♪

 

京田辺の酵素風呂『ぬっかぼっこ』さん

神戸・御影のヒーリングカフェ『ルナキャッスル』さんでお試しいただけます♪

お近くの方はぜひ体験してみてくださいね~(o^^o)

 

今日もお読みくださりありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。