心地よい暮らし

常識を疑ってみる

こんにちは!シャンティです。

またまたMakoの過去blogから面白い記事を見つけちゃいました(o^^o)

まず、読んでみてください!!

2011年01月25日(火)

私が今回の水断食で一番びっくりした大収穫は(自分の中ではね)、「水」も結構少なくて人間生きていける! ということに気づいたことです。
これは、私にとって大きな驚きでした。

今まで半断食とか本断食したときは、やはり水分は必要だと思い込んでいたので、ムリにでも飲んでいたのです。

ーが、今回2日目3日目4日目と60~100mlの間くらいでした。
1日の水分量100ml以下!

今までの私だと、身体が というより、多分頭が そんな水分量では危険である、と思い込んでいて、(いろんな先生の話や本などの知識で)、食べなくても、水分量だけはしっかり取ってました。

しかし、実際は今回のこの水断食、少ない日は1日60ml位でも大丈夫!
(もちろんがぶ飲みではなく、チビリチビリ飲んでの1日量です)

季節もあると思いますが(夏だと無理でしょう)、それにしても少ない!
けれど、身体はいたって元気で、脱水症状みたいなものにもならないし、今日もとってもいい感じです。

「食」は少食の方が良い、とはずっと思ってますし、結構食べなくても生きていける! と思ってました。
・・・が、「水」もそうだということがわかり、すご~く嬉しくなってきました。

何か天変地異が起こったとき(いきなり飛躍してます(笑))、

「人間、結構食べなくても飲まなくても大丈夫ビックリマーク

ってわかってたら、慌てることないものね。

「食べないと死んでしまう~」とか「食べないと身体に悪い~」
というパニックが、一番怖い気がする。

皆が、少量でもとりあえずOK! というコトがわかっていれば、何かが起こったとき争わなくていいし、分け合えるし、心に余裕が生まれる気がする。

この実体験は、私にとっては大きな収穫でした。

人間の身体の精密さと神秘に心踊りますラブラブ

自分が知っている知識なんて、本当にたかが知れているのだな、っとつくづく思い知りました。
これでますます私の身体が愛おしくなったし、またひとつ、不安がなくなりました。

感謝!

カラダの声というよりも、潜在意識の中にある想い・・・
「食べないと生きていけない」とか「水は1日2リットル以上飲まないといけない」とか。

昨今の健康ブームの中で、いろんな情報が飛び交うようになり、「朝食抜きがいい」とか、はたまた「1日3食、規則正しく」とか、
納豆は夜食べるほうがいいとか、トマトは加熱したほうがいいとか・・・
いったい何をどう食べたらいいの??
あふれる情報に振り回されて神経質になるよりも、
「人間、結構食べなくても飲まなくても大丈夫ビックリマーク」って思っているほうが気楽だし、健康で長生きできそうですね~(^_-)-☆

何が起こっても大丈夫!って自分のカラダを信頼してあげれば、ちゃんとそういう風に機能してくれるんだね。
すごいな~~✨✨

頭でっかちの私にとって、この記事はとても良い刺激になったのでシェアさせていただきました~(*’▽’)

 

今日もお読みくださりありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。