心地よい暮らし

カラダの機能を阻害しない

こんにちは!シャンティです。

つい先日まで40度近い気温が続いていたのに、今朝の気温は22度。

日中はまた30度を超える暑さになったり・・・1日の中でも気温差がとても激しいですね。

この温度変化に負けないように、カラダは無言でがんばってくれているんだ!

そう気づかせてくれたのが、ウチの”うずらちゃん”(ねこ)。

いつもはゴロンと転がって無邪気におなかを見せてくれて、ドタドタ元氣に走りまわる足音が聞こえているのに、昨日はやたら大人しい。

パソコン作業をする私のひざに座ってじっとしている。

かと思ったら、トイレに近づいておしっこポーズをするのに出てない。

出てもちょっとだけ・・・。

あまりに何度もそれを繰り返すので、原因を突き止めたくて動物病院に連れていってみました。

問診のあと、お熱を測り、超音波でおなかのなかを見て・・・どうやら膀胱炎らしいことがわかりました。

膀胱の中にふわふわ浮いているように映っていたものが、細菌と戦った跡なのだとか・・・。

膀胱炎は、膀胱に細菌が入ってしまうことによって起こる炎症。

通常は 排尿したときに細菌も尿と一緒に流れ出るし、細菌に対する防御機能もあるので、膀胱に細菌が入ってもすぐに膀胱炎になることはないそうです。

ところが、風邪、疲れ、体の冷え、長時間の尿の我慢などによって防御機能が低下している時には、 膀胱炎にかかりやすくなるんですって。

ああ見えて少しデリケートなうずらちゃん(笑)は、トイレ環境にご不満を抱きオシッコを我慢するようになってしまったのか、

はたまた急激な温度変化で風邪ぎみだったのか・・・

真相は定かではありませんが、ちっちゃなうずらちゃんのカラダの中に、細菌をやっつけようと戦った形跡があったのです。

カラダってすごいな~。

私たち人間のカラダだって、知らない間にいろんなものと戦い、護ってくれている!!

今の時期なら、この温度変化に負けないようにがんばってくれてる!

潮の満ち引きや水や空気、食べるものによっていろんな影響を受けているはずだから、常にカラダはストレスフル。

なのに、文句も言わずに健康状態を維持するように働いてくれる身体の機能ってありがたいな~~ってしみじみ思うのです。

不安をあおられるといろんなモノをたくさん抱え込みたくなるけど、本当はすべて必要なものは備わっていると信じ、

余計なものは入れず、カラダが本来の機能を発揮できる環境を整えてあげるだけでいいんだよね(^_-)-☆

 

今のカラダの状態に気づくバロメーターのひとつがお肌の状態。

スキンケアしながら自分と対話する時間がもてるmOrganicsに助けられてるな~って私は思っています。

シミが・・・、しわが・・・、と対症療法的なことよりも、もっと大切なことに気づかせてくれる、セルフヒーリングコスメ(*˘︶˘*).。.:*♡

季節の変わり目は心もカラダもお肌もお疲れ気味なので、ちょっと長めにケアしてあげよう(^^)v

 

今日もお読みくださりありがとうございます!

(おまけ)

動物病院から帰った後のうずらちゃん♡

ひざの上に乗り、私の手にあごを乗せ、

TAKSU AMANATの布に包まれてくつろいでいます(=^・^=)

早く元気にな~れ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。