心地よい暮らし

ハンドクリームで手荒れがよりひどくなる悲劇

水仕事のあと、
欠かさずハンドクリームを塗っているのに
手荒れがいっこうに良くならない。

それは、台所用洗剤が原因かもしれません。

 

合成洗剤に含まれる合成界面活性剤は、
皮膚の表面を保護している皮脂を奪い、
バリアゾーンを壊してしまうからです。

油汚れを素早く落とす合成洗剤には
強力な合成界面活性剤が使われています。

 

そこに、合成界面活性剤や
合成防腐剤が入ったハンドクリームを塗れば、
さらに皮膚のバリアを壊しながら、
合成成分を肌の内部にまで浸透させてしまうことに。

 

手荒れがいっこうに治らないという方は、
①合成洗剤をやめて石けんベースの台所洗剤に替える。
②合成界面活性剤を使ったハンドクリームは避ける。

この2点で改善する可能性大!!

 

合成洗剤の排水は河川を汚す
大きな原因にもなっています。

合成洗剤を石けん洗剤に替えることは、
自分やご家族の健康を守り、
地球環境の改善にも貢献できるのです✨

今日もお読みくださりありがとうございます!

>>代表Makoのブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。